映画の中の恋人

大学生です。ジャニオタです。

アイドリッシュセブンの話

えるです!以前からアニメ・ゲームの類はそれなりに好きだったのですが、最近あるスマホゲームにどハマリしています。タイトルにしているので分かると思うのですが、「アイドリッシュセブン」というゲームです。今なら二周年記念期間中で無料でガチャが17連引けるのでぜひインストールしてみてね!…ということも含めつつこのゲームめちゃくちゃジャニヲタに刺さる箇所があるのでとにかくプレゼンしたい一心で今回はアイドリッシュセブン、略してアイナナのお話をさせていただきたいと思います!


さて、最初に「最近」と書きましたがゲーム自体はもう1年半くらいやってます。なのになんで「最近」って書いたかというと単に一回プレイしてない期間があって最近また再燃したからです。どうでもいいね。
ということで(?)ジャニヲタ兼アイナナのオタクの勝手な独断と偏見でアイドリッシュセブンをプレゼンしたいと思います!この時点で分かってるとは思いますがジャニーズとアイナナを結びつけるようなことをじゃんじゃん言うので嫌だなと思ったらこのページを閉じていただけると幸いです…!


アイドリッシュセブンって?

アイドリッシュセブンとは、バンダイナムコオンラインが2015年にリリースしたスマートフォン向けアイドル育成リズムゲームです。

歌いながら、踊りながら、目に飛び込む光景に、心音が高鳴る―――。
豪華声優陣によるフルボイスの本格リズムゲームが登場!

リズムゲーム、とありますがリズムゲーム自体は割と易しめです。あまりにもゲームが出来ないと途中でゲームオーバーになるのが普通音ゲーにはありがちなのですが、その機能はなく、例えゲームを途中でやめてもゲームをプレイするのに必要なスタミナ(ゲームの中ではライフと呼ばれます)はそのまま保持されるので、「リズムゲームは苦手だから…」という方にもなかなか取っ付き易いと思います。
そして主人公(=プレイヤー)は女の子の設定ではありますがストーリー本編内にはあまり恋愛ゲーム的な要素はありません。ストーリーは現在第一部から第3部の途中までが配信されています。先日ゲーム内調整が行われてこれまでレベル50ないと全て読めなかった第1部はレベル25、ストーリーライブをクリアしていかないと読めない第2部のストーリーライブの消費ライフと難易度の変更が行われたのでこれまで以上にストーリーは進めやすくなりました。

どんな楽曲があるの?

アイナナの楽曲はとてもクオリティが高く、ジャニーズの楽曲に関わっている方も沢山アイナナ楽曲に関わっているので、全体的にジャニーズっぽい雰囲気のある楽曲が多く、普段あまり声優さんの歌ってる曲は聴かない…という方でも聴きやすいと思います。最近も話題になりましたが、小室哲哉さんが楽曲提供してくださることも決定し、益々楽曲にも力が入ってきています。そしてアイナナは、ゲーム内に登場する楽曲のPVを数曲だけではありますが公開しているので「楽曲だけお試しで聴いてみたいな…」という方はぜひYouTubeアイドリッシュセブン公式チャンネルを見てみてください!とりあえずオススメの二曲のPVのリンクを貼るので本当…ぜひ…お願いします…
youtu.be
↑の楽曲は「抱いてセニョリータ」を作曲なされた渡辺未来さんの作曲です。
youtu.be
また、8月30日に発売される3部からの新アイドルの楽曲は、中島健人くんのソロ曲「Teleportation」を作詞されたMEG.MEさんの作曲です。
このように楽曲にも力の入ったゲームですので、楽曲きっかけで始めても楽しめると思います!

第3部の途中までって…どんなストーリーなの?

ストーリーを大雑把に説明すると、とある芸能事務所にスカウトされ、オーディションを行い集まった22歳~17歳までの7人が、「IDOLiSH7アイドリッシュセブン)」と名付けられた男性アイドルグループとしてデビューし、他事務所のライバルや先輩たちと切磋琢磨しながらアイドルの頂点を目指す―――というストーリーです。まあ、これだけ見るとありがちなストーリーですね。ですが、私が書いたこのスッカスカのあらすじの間にある物語がめちゃくちゃに濃いです…濃いってレベルじゃない……。メンバーのグループに対する意識問題、訪れるデビュー問題、メンバー間の不仲、スタッフやスポンサーとのトラブル、ゴシップやネットでの噂、背後にせまる週刊誌……ジャニヲタの皆さん、心当たりあるものありますよね…?私は心当たりありすぎてストーリーが更新されるたびに胃が痛いです。
第1部は、アイドルグループが結成しました!よーい、ドン!なので、メンバーの意識や、関係性にデビュー問題、メンバーの体調の問題が主に描かれます。そしてやっぱりゲームのストーリーではあるのでライバルグループとの対立構造がはっきり描かれているのも1部の特徴かもしれません。
第2部は、人気もそれなりに出てき始め、グループとしては割と安定し、頼れる先輩グループも出てきます。なので、1部のような胃の痛むような展開はあまりありません。ですが、

「アイドルを苦しめるのはいつだって、好きの感情なんだよ。ファンが増えれば増えるほど、好きの感情が無限に増えていく。人はそれぞれ! 好みもそれぞれ! だから格好いい陸が好きなファンもいれば、かわいい陸が好きなファンもいる。バラエティを望む人、ライブを望む人……。どのファンも陸を想ってる。でも、陸は1人しかいない。みんなの期待には応えられない。そのことが彼らを苦しめる。なんでかって言うと……。アイドルを仕事にする奴らは、人を幸せにすることが好きで、人に愛されることが好きだからさ。ファンにがっかりされることがあると、人一倍、食らっちゃうんだよね。」

こんな台詞があるように人気がそれなりに出てき始めたからこそ、グループが安定してきたからこそ見えてきた問題にぶつかります。前述の台詞、私はとても痛かったです。無意識に「アイドルを苦しめる好きの感情」を抱いてしまってるのではないかと…。ここら辺に関してはまた真面目に色々考えたいなと思ってるので詳しく書きませんが、2部は「アイドルファンとしての自分」を考えてしまいました。
そして、2部は1部よりもっとキャラの深い所のお話も出てくるので、キャラクター1人1人に愛着が湧きます。
第3部では、人気も仕事も安定、ライバルとも先輩とも良い関係を築きます。しかし、そこに迫るのは周到な悪意とお金が欲しいメディア、そこから生み出されたゴシップをいたずらに消費する悪意のない好奇心です。3部はまだ途中なので詳しくは書けませんが、メディアとアイドルとファンの距離を私たちに深く考えさせる内容です。

……こう書くと、なんとも重たいですねアイドリッシュセブン…。ですが!!!!こんな物語の合間に挟まるアイドル同士の会話は微笑ましいし、苦難を乗り越えた先に待っているアイドルたちの笑顔、成長、輝くステージは必ずゲームをプレイする私たちの胸を打ちます。ぜひ、ストーリーを読んでみてください!アイドリッシュセブンの全てがここにあります!!

どんなキャラがいるの?

ここからはキャラ紹介をさせて頂こうと思います!今、アイナナにはIDOLiSH7の7人、ライバルグループTRIGGER(トリガー)の3人、先輩アイドルRe:vale(リバーレ)の2人、3部からの新アイドルŹOOĻ(ズール)の4人で合わせて16人アイドルがいるのですが、ŹOOĻに関してはまだ何とも言えない感じなので名前だけ紹介させていただきます…!
ジャニーズだったら…とか、ジャニーズでこの人好きな人なら~とかも書きますが完全に私の偏見なのでちょっと違っても私の目が節穴なんだなとでも思っておいてください。

IDOLiSH7

このゲームのメインとなるグループです。スカウトなどで集められた年齢も個性もバラバラの7人組で、アイドルは未経験です。多分これめちゃくちゃジャニヲタの好きな設定だと思うんですけど、全員で同じ寮に住んでます。ストーリーの中や、アニメ雑誌で寮の中でのエピソードが語られた時の感情は担当のプラべ語りを聞いた時のそれと遜色ないくらいの感情です(分かって)嵐とかSexy Zoneみたいな王道アイドルが好きな人はIDOLiSH7が好きかもしれません。

あと、ŹOOĻを除く12人にはそれぞれ名前に数字が入っているのでその数字順に紹介します。名前のあとの()はキャラクターの年齢です。

☆和泉一織(17)
f:id:kf0303xoxo:20170821211950p:plain:w100
17歳の現役高校生ですが、クールで真面目で賢く、グループの頭脳担当のようなポジションです。
公式プロフィールに載っている好きなものは「クールでシャープなもの」ですが、本当は「ちいさくてかわいいもの」が大好きです。そして、なんでもそつなくこなせる分、失敗や逆境には弱いのも彼です。
後述の和泉三月くんとは兄弟で、一織くんが弟です。一織くんはお兄さんが大好きなので度々「兄さんにウサギのコスプレをさせたらどうでしょう?」とか言います。それでいいのか弟よ…と思いますが、お兄さん大好きな一織くんめっちゃ可愛いのでこのままでいて欲しいです。
なかなか素直になれなかったり、本当の好きなものを隠しちゃったり、所謂ツンデレな言動をしてしまったりしますが、何でもそつなくこなせるせいで夢がなかった*1彼がIDOLiSH7に打ち込んでいく姿はとても良いです。
ジャニーズで言うとまっっっっったくふざけたりしない佐藤勝利くん…でしょうか?松本潤くん的な側面もあるかもしれません。あとめちゃくちゃ個人的な偏見ですが松村北斗くん好きな人は一織くん好きそう。


☆二階堂大和(22)
f:id:kf0303xoxo:20170821212026p:plain:w100
グループ最年長の22歳で、グループのリーダーで、演技力に秀でているので所謂ドラマ班的なポジションも担っています。筆者の推しです。
面倒なことが嫌いで、自らを「放任主義タイプのリーダー」と自称するなどグループから一歩引いたような印象を受けますが、グループのお兄さん的立ち位置で、実はメンバーのことを良く見ていて、誰かが壁にぶつかるとさり気なく手を差し伸べてくれたりするのも彼です。あと、

心配しなくていい。あいつらには向かない役目だけど、俺は得意だから

IDOLiSH7が泥をかぶる時は、俺が正面でかぶる。

とかこんな台詞があるようにグループの汚れ役まで買って出てきます。IDOLiSH7のこと大好きな彼ですが、生い立ちに何かあるようで「自分のせいでIDOLiSH7が…」と考えてたりします。
ジャニーズで言うなら、グループの汚れ役を背負おうとしたり、グループのお兄さんポジションな所は菊池風磨くんに通ずるかも…?V6の坂本くんにもちょっと似てるかもです。


☆和泉三月(21)
f:id:kf0303xoxo:20170821212012p:plain:w100
グループの中で1番背の小さい21歳。その身長と可愛らしい容姿をメンバーにいじられることも多々ありますが、中身はグループ1の男前!な良き兄貴分です。
また、彼はIDOLiSH7のMC担当で、彼のトークは業界人にも一目置かれる程です。ストーリーを読んでいると三月くんがいないとこのグループはダメになるな、と思わせられるIDOLiSH7トークやMCは勿論、精神的支柱でもあると私は考えています。
そんな三月くんですが、アイドルに強く憧れてアイドルになったが故、ファンからの「好き」の感情に敏感で、自分に求められた「仕事」と汲んであげたいファンからの「好き」に挟まれて思い悩むこともしばしば…。それでも明るく前向きな三月くんの姿にはメンバーも私たちも前向きにさせられます。
ジャニーズで言うと、Hey!Say!JUMPの有岡大貴くんが近い気がします。あと、MCが高く評価されている感じは関ジャニ∞村上信五くんに近いと思います。


四葉環(17)
f:id:kf0303xoxo:20170821212048p:plain:w100
彼も一織くんと同じ17歳の現役高校生です。筆者の推し二人目です。背が高くダンスが得意で歌にも不安がない、アイドルとして恵まれた彼ですが、とても自由人で細かいことや束縛を嫌う個人主義な子です。生い立ちも非常にヘビーで、アイドルになった理由もそれに関係しています。そんな彼ですので、環くんの周りにはトラブルが絶えません。このあと紹介する逢坂壮五くんとは派生ユニットを組んでいますが彼との間でもこれまた色々、本当に色々あります。ですが、環くんの周りで巻き起こることを乗り越えた時の彼の成長や、壮五くんと足りない所を補い合う姿は素直に感動するし、応援したくなります。
感覚がTVの向こう側、ファンや同世代の感覚に1番近く、学生ノリで恵まれた容姿なので、所謂ハイカーストな感じなのも彼だと思います。なのでジャニーズで言うと小瀧望くんとか菊池風磨くんとかに近い気がします。性格的にはジャニーズにはあんまりいないタイプかも…?


☆逢坂壮五(20)
f:id:kf0303xoxo:20170821212002p:plain:w100
オールラウンダーで心優しい20歳。中性的で華奢な見た目、柔らかい物腰、真面目でプロ意識もあるので人気の高い彼ですが、真面目が故になかなか自分の意見が言えなかったり、それ他の人に相談したらいいんじゃ…?みたいなことまで抱え込んでしまいがちです。なので、派生ユニットでシンメな自由人な環くんとはめちゃくちゃぶつかるし合わないし正反対です。ですが、前述の通りこの2人が補い合う姿、アイドル活動を通して壮五くんが自分を見つけ成長していく姿はとても魅力的で、やっぱりシンメってすごいなと実感します。
優しく控えめな彼ですが、ちょっと……いやだいぶ……いやちょっとヤバい所も……あって……特に……思いつめた時とか…お酒飲んだ時とか……ここら辺は……ストーリーを読んでください……
ジャニーズで言うと誰だろう…見た目の中性的な感じや華奢な感じは伊野尾慧くんに通づる所があると思いますが、中身は同じHey!Say!JUMPの岡本圭人くんっぽいかも…?

※ちなみに個人的には環くんと壮五くんのシンメのことはちょっとふまけんに似てるかな~と思ってます。お互いめちゃくちゃ正反対なのにお互いが分かりあっていく過程とかちょっとだけ似てるかなぁと。そうでなくてもこの二人はシンメ厨に刺さると思うのでシンメ厨の皆さんはこの2人に注目してみてください…!

☆六弥ナギ(19)
f:id:kf0303xoxo:20170821212009p:plain:w100
北欧系ハーフの19歳。本当にとってもすごく美形でモデルの仕事もするなどグループ随一のビジュアル担当。しかし本当にとってもすごくアニオタ。そして自分の美しさに自信を持っているので、ナルシストっぽい発言もちらほら。公式のプロフィールに好きなものは女性、と書くほどの女性好きでもあり、女性にはとても優しいです。
「黙ってればイケメン」を地で行くようなナギくんですが、とてもメンバー想いで、メンバーが落ち込んでいるような時には自ら元気づけるために行動するような一面もあります。三月くんがグループを引っ張り上げるように元気にしてくれる存在とするならば、ナギくんは押し上げるように元気にしてくれる存在です。
頼りない日本語のせいでそうは見られないことが多いですが、とても優秀で何ヶ国語も話せたりしちゃいます。まあでも基本は顔の綺麗なアニオタです。
ジャニーズで言うと、マリウス葉くんの見た目で中島健人くんのような台詞をスラスラ言う宮田俊哉くん…っていう感じだと思います。


☆七瀬陸(18)
f:id:kf0303xoxo:20170821212040p:plain:w100
IDOLiSH7の絶対的センターの18歳!明るく素直で、いつでも一生懸命な姿は誰にでも愛されるまさしくセンターな男の子です。歌もとても上手く、彼の歌はIDOLiSH7最大の武器です。しかし彼にはある事情を抱えており、これがストーリーに深く関わってきます。その事情が理由でなかなか上手くいかないことも多いのですがいつも最後には前を向く陸くんは本当に素敵です。彼がステージを重ねる度に強くなっていくのを見るとIDOLiSH7のセンターが陸くんで良かったと涙を禁じえません。もう本当に……七瀬陸は……尊くて……すいません、私情が入りました。
放って置けないタイプである陸くんは構いたがりの一織くんに度々お小言を言われます。そのためよく二人は言い合いになったりしますが正直微笑ましい言い合いです。多分それはこの二人が本当は信頼し合っているのがこちらに伝わるからだろうなぁと思います。この二人もとても良いコンビだし成長を見ているのが楽しいです。
何があってもステージの上で輝き、そのために努力を惜しまず、それでもたまに危うい陸くんのことは目を離せず、応援してしまうと思います。
ジャニーズで言うなら、松島聡くんに近いかもです。センターで圧倒的に映える感じは佐藤勝利くんとか山田涼介くんのことも彷彿とさせたりさせなかったり。

TRIGGER

IDOLiSH7より1年?2年?先にデビューしている3人組のライバルグループです。IDOLiSH7とは全く方向性が違い、セクシー、ゴージャス、ワイルドと言った言葉が似合います。KAT-TUNを好きな人、好きだった人はTRIGGERを好きになる可能性が高そう。勝手な想像ですが。彼らのイメージを守りたい厳しい事務所に所属しているので、TVの中の彼らと素の彼らには少なからずギャップがあります。
ある出来事からIDOLiSH7に良いイメージを抱かなくなった彼らですが、次第に認め合い切磋琢磨していきます。その過程はとても熱いんです…!読んで…!(ゴリ推し


☆八乙女楽(22)
f:id:kf0303xoxo:20170821211958p:plain:w100
TRIGGERのリーダーを務める22歳です。抱かれたい男NO.1を誇り、プライベートはさぞや沢山の女性たちと……ということはなく、1人の彼女もおらず、意中の女性に一途です。
クールで綺麗な見た目とは裏腹に、とてもメンバー愛が強く、「友情・努力・勝利」を具現化したぐらい熱い男なのが彼です。
TRIGGERの実績と実力、彼自身のパフォーマンス力の高さと努力に裏打ちされた堂々とした発言や態度はめちゃくちゃにかっこいいです。それでいてただかっこいいだけでなく、バラエティもそつなくこなせるバラエティ性もあります。なんとも羨ましい男です…。めっちゃ好き…(私情)
また、TRIGGERの所属事務所は「八乙女事務所」というのですが楽くんはここの事務所の社長の息子です。ですがお父さんとは諸々の事情であまり仲良くはありません。そして彼は蕎麦が好きです。すごく。
ジャニーズで言うと松岡昌宏くんとか上田竜也くんに近いかも?


☆九条天(18)
f:id:kf0303xoxo:20170821212006p:plain:w100
美しい容姿と小悪魔キャラ、高いクオリティのパフォーマンスでTRIGGERのセンターに立つ18歳です。しかし、小悪魔キャラは表向きの顔で、実際は毒舌な完璧主義者で実力主義な性格をしています。アイドルであるという意識が非常に高く、常に100%のものを見せると心に決め、アイドルをしています。自分にも他人にも厳しい天くんがその姿勢を貫けるのは、彼のその高い意識と努力が周囲に認められているからです。
ともすれば仲間さえもビジネス上の付き合いであると思っているのではないかと見えてしまう天くんですが、彼の中にはしっかりTRIGGERへの熱と、メンバーに対しての想いがあります。その熱や想いが垣間見えた時、天くんに惚れると思います!私は惚れました!
ジャニーズで言うと、亀梨和也くんや、滝沢秀明くん、山田涼介くんと似たタイプだと思います。


☆十龍之介(23)
f:id:kf0303xoxo:20170821212044p:plain:w100
TRIGGERの最年長でセクシー担当、沖縄県出身の23歳。抱かれたい男NO.2で、セクシーな見た目を持った、ホテル王の息子。夜な夜な美女を侍らせなんともまあゴージャスな夜を……過ごしていません。むしろ私生活では女性の手もまともに握れない程に初心です。そして女性には冷たくできない、という紳士。また、とても優しいので、よく口論になる楽くんと天くんの緩衝材になるのも彼なのですが、いざという時にはTRIGGERのためを思い行動してくれるので、2人には頼りにされています。
好きなものは沖縄料理とお酒で、酔うと沖縄の方言が出てしまう、という一面も。
そして普段は優しく温厚な彼は、世間に売り出される自分のイメージと、本当の自分とのギャップに悩むこともしばしば。ですが、そこはプロ。彼なりにプライドをもってステージに立ち続けています。
優しく温厚、セクシーでプライドもある十くん、本当にいい男です…!
ジャニーズでいうと、薮宏太くんとかが近いかな~と思ってます。

Re:vale

デビューから5年の、このゲームにおける2人組ベテラントップアイドルです。人気も実力も充分で、キャリアもある彼らですが、決して驕ることはなく、IDOLiSH7とTRIGGERの良き先輩としての姿勢を見せてくれるめちゃくちゃ出来た先輩です。よくKinKi Kidsに例えられる彼らですが、後輩との関わり方的には嵐にも似てるかも。
また、彼らは「夫婦漫才」にも例えられる仲良しな掛け合いが魅力的です。しかしそれは多少誇張しているとは言え、彼らが演じているキャラクターなどではなく、本物の2人の呼吸からくるものなのでストーリーを読んでいて微笑ましいです。


☆百(25)
f:id:kf0303xoxo:20170821212119p:plain:w100
明るくテンションの高い25歳。「ハッピーじゃないもの」が嫌いで、周囲に気を配ったり、場の空気を和やかに変えることに長けています。周囲のことにはよく気が付く百くんですが、自分のことになると何でも1人で解決しようとしたり、悩んだりなど不器用な面もあります。ここら辺は2部のそういうあれです。ストーリー読んでみてね!!!
百くんはとても友達が多く情報通で、オフの日も沢山の仲間と出かけたり遊んだりしていますが所謂パリピとはちょっと違う感じです。むしろ、自分が周りからどう見られているか、どう見られたいかを常に意識して行動しています。
百くんもとてもアイドルとしての意識が高いのですが、百くんは「世間からみた自分というアイドル」を強く意識していて、ファンは勿論、自分に興味のない他人やマスコミからの見られ方も気にしています。そんな百くんから出てくる言葉のオタクに刺さること…!
ジャニーズでいうと、相葉雅紀くんに近いと思ってます。アイドルとしての意識的には三宅健くんかな…?


☆千(26)
f:id:kf0303xoxo:20170821212030p:plain:w100
ちょっとやそっとのことじゃ動じない26歳。演技派の俳優としても評判が高く、クールでポーカーフェイスなことが多いですが、相方の百くんのボケにはよく笑ったりツッコミをしたりしています。他にも百くんが関わると色々あるんですがここら辺は2部のそういうあれです。
クールではありますが、後輩には優しく、アドバイスもしてくれる良い先輩です。Re:valeは2人共そうなのですが、基本的には人に優しく気配りも欠かさない出来た人です。しかし千さんは公式プロフィールの嫌いなものに「驕った態度を取る人」とあり、そういった態度を取る人には厳しいです。
そしてRe:valeの曲は基本的に千さんが作っていて、ここにも色々エピソードがありますがそこら辺は2部と3部のそういうあれです。
あと千さんは野菜しか食べません、超ベジタリアン。休みの日にはカーテンを一度も開けないほどのインドアです。
ジャニーズでいうと二宮和也くんに近いかも…?

ŹOOĻ

3部からの新しいアイドルで、キャッチコピーは「狂気と破壊の、テトラルキア。」です。このグループについて話すと何もかもネタバレになってしまうのでマジでなんも言えないんですが、デビューが鮮烈な分、悔しいほどにかっこいいです。このグループの楽曲はKAT-TUNにも似てるんですが、もっと近いのはもしかしたらSixTONESかもしれません。
このグループのメンバーだけは名前に数字が入っていません。


☆亥清悠(17)
f:id:kf0303xoxo:20170824163714j:plain:w100
ŹOOĻ最年少の17歳。一織くんと環くんと同じ高校に転校してきたのですが、好意で話しかけた2人に対して「IDOLiSH7は嫌い」と言い放って…?


☆狗丸トウマ(20)
f:id:kf0303xoxo:20170824163702j:plain:w100
以前は別のグループで活動していた20歳。真面目に音楽に向き合っていたのに、「もう真剣には歌わない」としてある目的のためだけにŹOOĻとして活動しています。


☆棗巳波(19)
f:id:kf0303xoxo:20170824163731j:plain:w100
元天才子役の19歳。物腰も柔らかく、落ち着いていますが、その裏側には黒い一面を持っています。ナギくんの祖国に留学していた過去も


☆御堂虎於(21)
f:id:kf0303xoxo:20170824163628j:plain:w100
グループ最年長の21歳。実家がお金持ちのようで、その恵まれた環境、才能に裏打ちされた自信家。アイドルになるというのに女遊びも酷いようで…?

最後に

ここまで長々と読んでいただいてありがとうございました!私の文章では伝えきれないほどの魅力がアイドリッシュセブンにはまだまだあります!特に、やはりストーリーの中の台詞はジャニヲタやそれだけでなくアイドルを応援する人なら誰しも刺さるようなものが多いです。

誘惑や、見栄や、同情や、寂しさや、執着に振り回されて、まっすぐ進めない。それでも、掴みたい願いがあるんだよ。

キミが歌ってる4分半のために、4ヶ月働いて、4年間勉強してきた人たちがいるんだ。

ノイズは消せ。自分の声だけ探せ。100人に愛されるおまえじゃなくて、おまえに愛されるおまえになれ

一例としていくつか台詞を引用しましたが、この他にももっと魅力的な台詞、ストーリー、キャラクター、楽曲があるのでもしちょっと興味出てきたな…って方がいたらぜひインストールしてみてください!後悔はさせません!
アイドリッシュセブンをよろしくお願いします!

*1:ノベライズもしくはコミカライズ「流星に祈る」1巻を参照

風 is I?の話

こんにちはこんばんは、えるです。ワクワク学校も風 is I?も無事に終わりまして私の夏は一段落つきました。


ワクワク学校も感想とか書きたいな~と思ってましたが、大学のレポートとテストに追われて書けなかったので今回は風 is I?の感想を書かせてもらおうと思います…!こっちもオーラスからそれなりに時間経っちゃってるんですけどね!ネタバレが含まれてるので円盤になるまで色々知りたくない~という方はお読みになるのをご遠慮いただけたら幸いです…!


さて、私は今回のコンサートが初めてのソロコンサートでした。前回のSTAGEの時とは違って、1人での参戦だったので、ちゃんと声出せるかな~とか、周りの雰囲気に飲まれたりしないかな~とか若干不安だったんですが全然そんなことなかったです!1人で全力で声出してコントで大笑いして風磨くんからのメッセージで泣いて、これ以上ないくらいに楽しめました!これも風磨くんの才能のうちの一つかも、と終わった今更ながらに思ってます。友達と来ても、恋人と来ても、家族と来ても、勿論1人で来た人だって「風 is I?」の空間に入れば分け隔てなく楽しむことが出来る、そういうものを作ることが出来る才能がある人、それが菊池風磨くんなんじゃないかなって。私の勝手な思い込みかもしれませんが笑。

コンサート自体の感想は自分のこのツイートに尽きます。


下手なポエムか?みたいなツイートなんですが、会場出てまだ回らない頭を必死にこねくり回して出てきた言葉がこれだったんです…許して…
(?)でも、もう一週間くらい経ってもこの気持ちは変わってません。夢を見るって、生きるって強いことなんだなって。ちょっと自分語り入っちゃうんですが、私には小学生の頃からずっとなりたいものがあって、今もその為に大学に通っています。でも、勉強していると目を背けてた夢の現実とか、暗い部分とか見えてきちゃうんですよ。それで、なんかもういいかなぁみたいな、資格だけ取れればそのお仕事に就けなくてもいいやみたいな中途半端な気持ちになってたんです。でも、このコンサート見てそういうのめっちゃ勿体無くない?やるならやらないとダメじゃない?ってまた真っ直ぐ夢を見ようって気持ちになれました。
また、二十歳を迎えてから生で聴く20-Tw/Nty-は、いつも聴いているより歌詞の意味が染みました。なんだかんだ私両親のこと好きだなって、こんな娘を20年も育ててくれて有難いなって思いました。それと同時に、普通なら照れくさくて憚ってしまうような両親への感謝と愛を『歌』っていうとても素敵な手段で素直に伝えられる風磨くんが羨ましくなりました。沢山愛を貰って、その分沢山愛を返すことを知っている風磨くんだからこそってことは理解しつつ、でもやっぱり風磨くん羨ましいなあ~!風磨くんみたいな人間になりたいなあ~!って思って、20-Tw/Nty-の間は色んな感情がごちゃ混ぜになってぼろぼろ泣いてました。

もう色んな方が解釈しているので詳しく解釈したりはしないですが、どうしても触れておきたいので触れておくと、このコンサートは10年前に死んでしまった菊池風磨少年がとある夏の一日だけ帰ってきた…というなんとも胸の奥がぎゅーっとなるストーリー。コンサートの最初、彼が10年前に死んでいると告げられた時、会場にいる誰もが「10年前自分は何をしていたっけ」って考えると思います。多分。実際私は考えました。そしてそんな会場の10年を全部引っ張って上がっていくボルテージと進むストーリー。TDC中が帰ってきた風磨くんと、残されて怠惰になっていたけれど彼の帰還で元気を取り戻すSixTONESたち七人が巻き起こす最低で最高な馬鹿な夏を全力で一緒に過ごします。コンサートの中盤くらいまでこの時間って永遠に続くんじゃ?って私は思ってました。ステージ上の七人と一緒に声出して笑って、日が暮れたら「また明日も遊ぼーね」ってするような。まるで小学生の夏休みのような楽しさと永遠への錯覚。でも、大人になったから分かる。小学生の夏休みから10年経ったから分かる。永遠じゃないんですこの時間。ラストに向けてみんな徐々に、風磨くんが帰ってきたのは今日この一瞬、特別って気づき始める。それどころか七人で撮った集合写真に「22歳の菊池風磨」は写っていない。これが、風磨くんと他の六人が本当は会っていないからなのか、それとも「もし叶うなら、彼らの記憶を消してほしい」のもし、が叶ってしまった結果なのかは私には分かりません。でも、残された六人、いや、残されたTDCの中に漂うのは悲しみでも喪失感でもなくて10年後への希望と、今日を生きるための強さだけだった気がします。

『何でもない今日は誰かが夢見た明日だ』
だったら私も何でもない今日で終わらせるのは勿体無い、「明日を夢見る今日」にしよう。

『永遠に生きるかの如く夢を抱き、今日死ぬかの如く生きよ』
夢を諦めかけ、人生に永遠を錯覚していた私を叱る言葉だと思いました。永遠なんてないけど、それでも夢は尽きない、尽きさせちゃいけない。またちゃんと夢を見て、人生という長い時間に甘んじない生き方をしよう。

本編が終わってずっとこんなことを考えて泣いていました。DVDじゃなくて生で受け取る風磨くんからのメッセージは私にぐっさぐさ刺さっています。この刺さったものは一生私の心から抜けないんだろうな、抜きたくないや。
総合して思ったことはやっぱり最初に引用したツイートが全部です。熱い夏の日に私に夢を見ること、生きることの強さをくれてありがとう、風 is I?が観られたのは私の人生にとってとても価値のあることでした。


そして、風 is I?を見て、『菊池風磨』っていう1人の人間の生きる人生が大好きだなって思いました。彼の周りを満たす数々の愛、それを同じだけ返す姿、葛藤も失敗も喜びも成功も全て受け止めてステージで輝く姿、どこまでも等身大でぶつかっていく姿……全部風磨くんが生きてきた人生の中で得たものなのだと思うと本当にかっこよくて、憧れで大好きでしょうがなくなります。でも、「菊池風磨になりたい」とは思わなくて、「菊池風磨に恥じないように生きたい」と私は思っています。風磨くんが「友達に恥ずかくない生き方をする」と決めているように。
風磨くんは私の誇りの自担です、大好きです。私も、風磨くんが誇れるファンになれるように頑張るね。


SixTONESにも、今回風 is I?に出てくれて本当にありがとうという感謝しかないです。樹くんが「Sexy Zoneにいる風磨好きよ」と言ってくれたから風磨くんは尚更「Sexy Zoneにいる菊池風磨」を好きになれたと思うし、樹くんが親友でいてくれることで沢山沢山救われたこともあると思います。北斗くんと髙地くんはB.I.shadowととして風磨くんと健人くんと活動した期間を経て同じステージに立ってくれたことでびーあいが好きだった私はなんだか懐かしく、すっきりとした気持ちになりました。「SixTONES松村北斗と髙地優吾」「Sexy Zone菊池風磨」にはなったけれど、あの頃のことはずっと彼らの中でも、私たちファンの中でもきらきらした尊い時間として煌くんだろうなと思っています。京本くん、ジェシーくん、慎太郎くんは風磨くんより先輩なのにバックとして出てくれて、このコンサートに華を添えてくれたのが嬉しくてしょうがないです。オーラスの手紙の存在もレポで知りました。六人がそれぞれ風磨くんにとても素直に愛を持って言葉を書いてくれたんだなと分かって、やっぱり風磨くんの周りには素敵で、愛に溢れた人しかいないんだなと心が暖かくなりました。
SixTONESの皆さん、本当にありがとう。大好きです。あなた達六人のデビューを心の底から待っています。


最後に、菊池風磨くん。素敵な夏を本当にありがとう。風磨くんの創る夏のお陰で私はまた一つ大切なものを得ました。風磨くんはいつも私に大切なものをくれますね。貰ってばっかりじゃ悪いから、私も風磨くんに何か一つでもお返し出来るようになります。
風磨くんのファンになれて本当に本当に幸せです、大好きです、何回でも言うけど、幸せで素敵な最高の夏を本当にありがとう!

荻野由佳ちゃん、アイドルになってくれてありがとう。という話

どうも!えるです。ワクワク学校も風磨くんのサマパラも行けることになり、夏に向けてとても気持ちが浮ついています!!ですが今回も前回に引き続き荻野由佳ちゃんのお話をしたいと思います。他にも書きたいことはあるんですが、そっちは自分の中でタイミングが来たら書きます。


今回由佳ちゃんの話をしようと思ったわけは、もちろん昨日、AKB総選挙の開票があったからです。
速報で1位だった由佳ちゃんの最終順位は5位でした。やっぱり速報のまま1位にさせてあげたかった気持ちはありましたが、徳光さんの声で5位が由佳ちゃんだと発表された瞬間、何を考えるよりも先に「おめでとう!!!」と叫んでいたし、自分の席から立って壇上に向かう彼女の姿を見て涙が止まらなくて仕方がなかったです。
そんなボロ泣きオタクをよそに、ステージのど真ん中、マイクの前に立つ由佳ちゃんは凛々しく、美しく、強くその場所にいました。そしてスピーチ。

私は努力は必ず報われるを、今、証明できていますか?

私をアイドルにしてくれてありがとうございました!

<AKB48総選挙>初“神7”のNGT48荻野由佳 「AKBグループのために頑張らせてほしい」 スピーチ全文 (まんたんウェブ) - Yahoo!ニュースより引用

この2つの言葉に、それまでも泣いていたのにさらに泣かされました。
私は、誰がなんと言おうと、由佳ちゃんの速報1位も、最終結果の5位も、全て彼女の努力が根底にあってこその結果だと思っているので、本人の口から「努力」に言及する言葉があって嬉しかったし、「努力は必ず報われる」を証明するために由佳ちゃんは走ってきたんだと思うと、彼女の努力への誠実さに込み上げてくるものがありました。極めつけ(?)に「アイドルにしてくれてありがとう」という言葉。震える声で絞り出されたこの言葉に「荻野由佳」が詰まっていたな、と思います。何度も何度もAKBのオーディションに落ちた由佳ちゃんは、支えてくれる家族、応援してくれるファン、周りにいてくれるメンバーやスタッフ、この1つでも欠けてしまえば「アイドル」にはなれないと知っていたのかなと感じたし、それを「アイドルにしてくれて」という言葉で表す彼女がとても愛おしくなりました。
同時に、私から由佳ちゃんには「アイドルになってくれてありがとう」と言いたいです。何回言っても足りません。由佳ちゃんがアイドルになってくれたおかげで48グループを好きになることができたし、女の子アイドルがこんなにも美しくて儚くて、だからこそ「今」応援したくなるのだということも初めて知りました。
また、これまでサラっと毎年流してきたAKBの総選挙にはこんなにもドラマがあるなんて知らなかったし、言い方を選ばずに言えば、総選挙ってとても残酷なイベントだなと。しかし、そういう面があるからこそ、ファンもアイドルもこのイベントで光を見つけようと、光を浴びようと必死になって上を目指そうとするのだと、残酷さに埋もれてしまわないようもがくのだと感じました。そんなイベントで、指原さんがAKB48SHOWで話していたように、1人で戦った由佳ちゃんは本当にすごいです。勿論、周りで支えてくれる人や、ファンはいるけれど、プレッシャーと戦うのは結局彼女自身しかできません。なので、この選挙期間中、毎日変わらない由佳ちゃんでいてくれて、結果あのステージの上で堂々と光を浴びていたというのはやっぱり彼女の強さ故だと思いました。私は、そんな由佳ちゃんをすごく尊敬しています。

でも、ちょっとだけ悔しいこともありました。昨日の由佳ちゃんのSHOWROOMで、不正疑惑にまで言及させてしまったこと。出来ることなら彼女の耳にこんな話題入れたくなかったし、それについて「私はなんと言われてもいい」なんて言わせたくなかったです。だって由佳ちゃんが大好きなので無駄に心配かけるような話題聞かせたくないし、由佳ちゃんに傷ついて欲しくないので、この話に触れさせてしまったのはちょっとだけ悔しかったです。悔しがったところで私に何ができるのって話ですが笑

でも!でも!そんな感情よりもやっぱり楽しい感情の方が圧倒的に大きいです!笑
前回のブログでも書きましたが、私は初めて好きになった女の子のアイドルは由佳ちゃんです。速報で一目惚れして、そのまま総選挙に投票して、今に至ってます。ですが、この期間に、由佳ちゃんをきっかけにNGT48のことも勉強して、グループまるっと大好きになりました。あったかくて、個性的で、楽しくて、フレッシュで、メンバーのことを思いやれるNGT48が本当にまるっと大好きです。なので、昨日の順位発表はNGTメンバーが呼ばれるたびに「おめでとーーー!!!」って叫んで泣いてました笑
NGTメンバーもいっぱいランクインしてて本当に嬉しいです!おめでとうございます!!


文がまとまらなくなってきたのでこの辺で終わろうと思いますが、この総選挙で荻野由佳ちゃんという女の子のことを知れて、大好きになれて本当に幸せだな、と思うし、こんなに幸せにしてくれた由佳ちゃんには感謝と尊敬と大好きしかないです。
由佳ちゃん、5位本当に本当におめでとう!!あなたのおかげでアイドルとはかっこよくて、美しくて、素晴らしいものだと改めて感じることができました。ありがとう、これからもずっとずっと大好きです。

荻野由佳ちゃん、アイドルになってくれてありがとうございました。

ジャニオタが荻野由佳ちゃんを好きになった話

こんにちは。ジャニオタです。
近況としては特になにも……ありました!!!!ワクワク学校に入学できることになりましたイエーーーーイ!!!!!!!!ジャスティス!!!!!!!

……というのは置いておいて。私は、この人生の中で女子アイドルというものに特にのめり込むことなく生きてきました。理由はジャニーズやその他諸々のオタクをしていたからというのと、私の中に「この子だ!」と思うような子が見つからなかった、ということ以外には特にありません。ゆるーい推しとしてならでんぱ組の夢眠ねむちゃんが好きなのですが、めちゃくちゃのめり込む、という感じではなかったのです。

しかし、そんな私でも最近、本当に最近、なんなら3日前、
「この子だ!!!!!!!!!」
と思える1人の女の子に出会ってしまいました。それが、ブログタイトルにもしているんですが、AKB48総選挙2017の速報で堂々の一位に輝いた、NGT48TeamNIII の荻野由佳ちゃんです。

私は彼女の存在どころか、NGT48の存在さえ知らず、総選挙の速報で初めて由佳ちゃんとNGT48の存在を知りました。
最初は、48G自体に興味がなく、速報もTwitterでフォロワーがRTする情報を流し見る程度だったのですが、一位が発表になった(らしい)途端に俄かにざわつくフォロワーとTLにちらちら躍る「一位荻野由佳」の文字。あれ???一位指原ちゃんじゃないの???その前に(失礼ながら)荻野由佳って誰だ???と、48Gに興味のない私でも知っている指原莉乃ちゃんを抑え一位になった荻野由佳ちゃん。好奇心は旺盛な方なので、途端に彼女のことが気になり始めました。そして「荻野由佳」で検索して出てきたのは、泣いているのか、肩を抱かれてやっと立てている状態の女の子。その姿を見て「……推せる」と思ってしまいました。(やめて!変態って言わないで!!石とか投げないで!!!)
で、自分のTLに戻って「誰か荻野由佳ちゃんがどんな子か教えて」と言ってみるも、いつもここぞとばかりに布教してくるフォロワー達からなんのレスポンスもない。そりゃそうです、みんな彼女のことを知らないから教えるも何もないのです。こうなったらジャニオタ、自分で調べるしかありません。こういう時はGoogle先生よりTwitterくんの方が頼りになったりするものです。Twitterで『荻野由佳』と検索しました。私の読み通り沢山とは言わないまでもなかなか出てくる由佳ちゃんの情報。僅か10分足らずで

・AKB15期仮研究生までいくものの不合格
バイトAKBになるも契約満了
・Team8埼玉県枠に不合格
・ドラフトによりNGT48へ

という情報を得ました。……いや、すごい苦労人じゃんこの子。苦労してきてその結果5万票で速報1位?シンデレラもびっくりのシンデレラガールじゃん??ていうか歌って踊ってる動画も見たけど1人だけ振りめっちゃ大きいしステージの上ですっごい楽しそうじゃん???この時点で私だいぶ由佳ちゃんに惹かれてました。そして極めつけは由佳ちゃんのSHOWROOMの画像。
クセが強い!!!(CV.千鳥ノブさん)
Sexy Zoneの時もそうだったんですが、私ギャップに弱いんです。こーーーんな可愛くて髪がさらさらで肌が真っ白でステージの上でキラキラしてる女の子がアフロ被ったり画用紙の自作衣装着たり顔に落書きしたりするなんて考えられないじゃないですか。いやもう好き!!!好きにならないわけない!!!荻野由佳を推させろ!!!って感じです。で、そんな由佳ちゃんがなんとタイムリーに配信してるって言うじゃないですか。とりあえず何も分からないままにSHOWROOMアプリ入れました。
ユーザー登録してやっと辿り着いた彼女の配信で1番最初に目に入ってきたのは目を涙で潤ませながらも「何があってもへこたれない!!」とキラキラの笑顔で言う由佳ちゃん。そして自分のことで手一杯なはずなのにメンバーに気を配り、ファンへの感謝、周囲への感謝を忘れない由佳ちゃん。………待ってよ、は?なんだこれ、いい子すぎか??どういう育ち方したらこんなにいい子になるの?もうこんなの由佳ちゃんにぞっこんです。全世界の女子ドルの中でも1番荻野由佳が可愛いと信じて疑いません。そして思うことは1つでした。
「由佳ちゃんに選抜に入ってほしい……」
手の早いオタク、総選挙の投票方法を調べ始めます。そしたらなんとCDを買わずともNGT48のモバイルとモバイルメールに登録することですぐに投票出来るらしいじゃないですか。即登録しましたよね、そんでもって即投票しましたよね。
由佳ちゃんの名前を知ってから2時間で人生初の総選挙投票を済ませてしまった自分にドン引きしつつも、たった2票でも彼女の夢のお手伝いが出来たのかも知れないと思って謎の達成感を感じていました。なんなんでしょうね、あの謎の達成感。AKBのファンの人はみんな味わうんでしょうか?それとも私だけ?
……まあ、くだらないことは良いとして、この日、私は何も分からないままにNGT48の荻野由佳ちゃんのファンになりました。本当に何も分かりません、NGTのこと、由佳ちゃんのこと、48グループのこともよく分かりません。でも!それでも!!何があってもへこたれない荻野由佳ちゃんが好きです!応援したいです!!応援させてください!!!
勿論、これからいっぱい由佳ちゃんのこと、NGTのこと、48グループのことをちゃんと知りたいので沢山お勉強します。いっぱい知って、いっぱい好きになりたいです。ゆくゆくは新潟の劇場に行って由佳ちゃんのパフォーマンスを見に行きたいです!由佳ちゃんが輝く軌跡を追いたいです!!
つい三日前まで全く女子アイドルに興味のなかった私をここまで虜にした荻野由佳ちゃん、本当に無限大の可能性を秘めていると思っています。私は彼女のことが本当に大好きです。何度でも言いますが、由佳ちゃんが歩んでいく道を、セクガル的に言えば『未知』を一緒に見ていきたいです。

ここまでなんだかまとまりのないエントリでしたが、読んでくれた方ありがとうございました!そして、最後になりますが、このブログを読んでくれたそこのあなた!あなたも荻野由佳ちゃんに一票投じてみてはいかがでしょうか!たった324円で、何があってもへこたれない、可愛くて元気で優しくて努力家な女の子の夢を応援できるんです!!もし少しでも由佳ちゃんのことを応援したくなったらぜひこちら↓
ngt48.com
からよろしくお願いします!荻野由佳ちゃん、ド新規が言うのもなんですが、好きになって後悔はしません!ぜひ、由佳ちゃんに興味を持って、魅力に気づいて、一票投じていただけたら嬉しいです!!

Sexy Zoneのコンサートに行ってきた話

4月22日、Sexy Zone presents Sexy Tour 2017~STAGE~に行ってきました。
その感想を色々忘れないうちにブログにしておこうと思います。
本当はもっと早く文章にしたかったのですが、何を書こうか迷っているうちになんだかんだ一週間以上すぎていました…既に横アリ公演も始まってしまいましたが書かせてください…
なるべく配慮するつもりではありますが、ほんの少しネタバレが含まれると思いますのでネタバレは避けたいな~という方はこの先の閲覧をご遠慮いただけると幸いです(汗)






早速ですが、私は実のところ長くジャニヲタをしていてもコンサートに行ったことがなく、今回が初めてのジャニーズのコンサートでした。そのせいかは分かりませんが、当たってから当日に至るまでまるでSexy Zoneに会えるという実感が湧かず。ずっと謎の緊張だけが募っていて、と
「今からSexy Zoneに会うとか実感湧かない。多分幕開いたら精巧なホログラムとか出てくるんだろうなって思ってる」
「分かる…あんなに美しい五人が実在するわけない」
なんて今考えたら何言ってるんだみたいなことを大真面目に話していました。それくらい私にとってSexy Zoneはどこか夢の世界の人のような感覚で。
しかし、いざ会場に入ってステージを見た瞬間、現実が一気に襲ってきて、心臓はバクバクするしお腹は痛くなるしで、席について胃腸薬飲みながら「現実だ…コンサートって現実なんだ」って思いました。
席について少しほっとしたのも束の間、開演が近づくにつれて徐々に大きくなるSexy Zoneコール。どれくらい声出すのが正解なのかなと探り探りコールしていると、開演10秒前になり一気に沸き立つ会場。高揚感と緊張でどうにかなりそうで、それよりもいよいよ5人が出てくるという楽しみが大きくて。あの感覚は一生忘れようと思っても忘れられないだろうなと思います。
そして17:30。会場が暗くなり、始まるOP映像。映像だけでも興奮がすごかったのに、ステージ上に5人の姿が現れた瞬間キャパオーバーして崩れ落ちました。リアルに。隣にいた友人に抱えられて、「ほら!風磨!!風磨がいるよ!!」と言ってもらってやっと「うん…いる…風磨くんが生きてる…しんどい…」と答える有様。流石に曲中はちゃんと声出して盛り上がりましたが、今度は最初からテンションを上げすぎたせいで腹痛起こしたのでまた胃腸薬飲みました。私はよくお腹が痛くなるので痛みの種類とかで薬使い分けてるんですが。その中でも一番強いやつ飲みました。友人には、「コンサート中に薬飲む女初めて見た」って言われました。ぐうの音も出ません。

それからは薬のおかげで元気になったので全力でコンサート楽しみました。声出して、ペンライト振って、メンバーの一挙手一投足に「キャーーー!!!」って会場全体で黄色い声上げて、喉からして、本当に本当に楽しくてしょうがありませんでした。
MCもいっぱい笑わせてもらいました。個人的なハイライトとしては勝利くんがとてもいい顔でツムツムへの課金の話をした時です。「ああ…勝利くんも課金とかするんだ…人間なんだ…」ってなんだか感慨深くなりました。私は勝利くんをなんだと思ってるんだ。
勝利の日までのじゃんけんも楽しかった…!風磨くんの初勝利とセクサマでの初ソロを聴けて感無量でした…健人くんとのハグの瞬間の映像はまだ鮮明に自分の目に焼き付いてます。レポとか雑誌とかテレビとかじゃなくて自分の目で見るふまけんは衝撃が凄かったです、前後10秒くらいの記憶飛ぶかと思いました。

それでもそんな楽しい時間が永遠に続くわけもなく。はっと気付いたら5人からの挨拶が始まっていました。私は、それまでの熱狂の余韻を残しつつ5人の言葉に真剣に耳を傾けている客席と、そんな客席を優しく見渡しつつ話すSexy Zoneとの間に一種の信頼関係のようなものをこの時感じていました。良い話を聞かせてくれると信じているファンと、話を真面目に聞いてくれると信じているメンバーと…みたいな。完全に個人の主観なんで断言するつもりはありませんが。

挨拶の後、流れてきたのはSTAGEのイントロ。「あっやばい、これはヤバい。泣く」って一瞬で思って、泣いてる暇あったらステージ見てたいし耐えようとも思ったんですが当然のごとく無理でした。二番出だしの「ねぇ…離れて」でぼろっときたらもうダメでした。次から次へと涙が溢れて仕方なくて、それでもステージからは目が離せなくて。ラストサビ前、マイク向けられて歌ってた時は途中からもう歌えなくなるくらい泣いてました。
ずっとずっと会いたかった、ずっとずっと生で歌を聴きたかった、ずっとずっと好きになってから1年と4ヶ月、大好きだよ、愛してるよ、あなた達を好きで幸せだよって直接叫びたかった5人、誰よりも笑顔を見たかった5人と同じ空間にいる高揚感、「あいしてるよ」って歌える幸福感、そして1年4ヶ月前までの自分への後悔。そんな感情が全部綯交ぜになって涙になってました、あの瞬間は。周りも結構泣いてる人がいて、仲間がいる…とちょっと安心したりもしました笑
STAGE終わってからも余韻でぼろぼろ泣いてたんですけど、アンコール始まってからはまた全力で楽しくて楽しくて!!私の小さな夢というかなんというか、コンサート会場でカラフルEyesの「You said!」「I said!」をやりたいっていうのがあったんですけど、それも念願叶ってできたし、Wアンコール前の謎のジンギスカンコールからのバイバイDuバイも本当に本当に楽しいしかなくて…!!終演後は友人と一緒に「本当に来てよかった」「一生Sexy Zone降りれない」って話しながら帰りました。

今回のコンサート、本当に楽しくない瞬間が一秒たりともなくて、改めてSexy Zoneっていいな、Sexy Zone大好きだなって思わせてくれるコンサートでした。
加えて、夢から一度は押し戻された5人がもう一度作り上げて、そして叶えていくその過程を今私は、私たちは見せてもらっているんだとこのコンサートで思ったし、そんな彼らが見せてくれる景色ならどんな景色でも見ていきたいです。
不器用でぎこちない5人の描くSTAGE、見ることができて心底良かったです。赤い薔薇に誓って、Sexy Zoneと「未知」を歩いていく決意ができました。ありがとうSexy Zone!大好きだよ、あいしてるよ!!これからもずっとこの気持ちは変わらないからね!!

Amazing!!!!!!が本当にAmazing!!!!!!だった話

お久しぶりです。元々マメにブログを書く方ではないので前回のブログから優に4ヶ月くらい空きましたが何事もなかったかのように更新したいと思います。

この4ヶ月で大学2年生になったり初めてのSexy Zoneのコンサートが1週間後に迫っていたり色々ありましたが、今回はちょっとジャニーズJr内のグループ、SixTONESについて書こうと思います。書かせてください、いや書きます。



で、何を書きたいかってタイトル見たら分かると思うんですけど、4/14放送の少クラ*1SixTONESが披露した彼らの新曲のAmazing!!!!!!が本当に期待以上に衝撃的でかっこよくてぞくぞくしたんですよ…。なのでその新鮮な気持ちを忘れる前に今のうちにっていう自己満ブログを書きたいんです!!!それくらい!あの曲!すごかった!


私元々からSixTONESのことはだいぶ好きでした。あのDKノリを程よく残したまま階段を一段、いや二段、それ以上に飛ばして成長していく様子に惹きつけられていて。これは私個人的になんですが、彼らには青春と晩夏の匂いみたいなものを感じていたんです。次の季節が楽しみで仕方がないのにまだこの季節に留まっていたい、胸の中にきゅんと残る切なさを纏っている…みたいな。なんでしょうね、これ。うまく言えないけど。
でもこの曲とパフォーマンスで彼らにこのイメージを抱くのはもう正しくないのかもしれないなと感じました。勿論いい意味でです。
私はなんだか勝手にSixTONESと青春って言葉は≒というか、限りなく近い所にずっとあるものだと思ってたんですが、とっくにあの6人は自分たちで青春を消化して昇華してたんだなって気づかされました。
なんかもう、少年期の不安定で、それこそ青春を引きずって引きずられてみたいな時期を経て彼らがそれぞれ気づいた自分の魅力、自信、伸びしろを全部一曲に詰め込んでそんでもってそれで殴ってくる的な。夏の終わりにヒグラシの声聞いて「あ~夏が終わるな~切ねえな~」なんて夏と秋のすれすれの切なさを楽しむのが趣味の女にはあまりにも衝撃的です。

しかし、そんな夏の終わりと青春にずるずるしがみついた女さえ置いていかないのがSixTONESのすごいところ。出だしの胡座かいてステージに座りこんで始まるところでもうびりびりきてるのに京本くんの綺麗な声とお顔で「Hey you Regretさせないぜ」なんて歌われたら「あっ後悔とか絶対しないわこれ」って無条件に思っちゃうし、彼らに「お前ら『は』守るから」「どこまでもついて来な」と言われれば「守ってもらってる以上ついていくしかない」って反射的に思っちゃう。なんなんだ???人類総スト担計画でも始まってんのか???ぐらいの強引な魅力。そこがいい。
そしてその後のメンバーカラーの歌詞。

Redが挙げれば 飛び込むBlue
Yellowキラキラ 行くぜ俺らは
rock rock rockin yeah yeah

Blackが魅せれば 弾けるGreen
Pinkハラハラ 行くぜ俺らは
So So we are Amazing

いやしんどい……こんなにメンバーを端的に的確に魅力的に描く歌詞なんなの……ちょっと私キャパオーバーだわ……
もうここで私頭抱えてました。リアルに。こんな状態なのに畳み掛けてくる樹くんの「お前ら絶対裏切らないから」……

まっっっっって田中樹

give me your heartじゃないよ!!!!!勝手に盗んで行ったんじゃん!!!ねえ!!!!
しんどくない?田中樹くんに「絶対裏切らない」とか言われて落ちない女この世にいるの?いないよね?本当に無理、マジで無理。思い出してしんどくなってきた。あーーーーーーーしんどい。

もう思い出すとしんどくなるので次の話をしますが次もまあしんどい。松村北斗さんまあしんどい。

夢はまだまだだが でかくRaiseだ旗
四面楚歌 not a matter
Amazing

この歌詞を松村北斗さんが歌うんですよ?やばい。語彙力が無いとか知らん、やばい。
夢がまだまだでもでかく旗かかげたっていい。四面楚歌だってまた一興です。だってどんな状況もnot a matterなんですもん。問題ないんですもん。この歌詞は北斗さんが歌うことで、魅せることでただの大言壮語にならず、輝きを持つ歌詞だなと心底思います。はあ、すごい、松村北斗さんすごい。すごくてしんどい。

そして森本慎太郎さんに歌われる「swag」の威力すごい。

Swag

【スワッグ・イカスこと】
元々はスカンジナビアノルウェーの言葉で、大きく揺れる、の意味だが、現代では語源であるswagger(非常に自信があり、横暴だったりアグレッシブだったりといった態度をとること)に関連して、「自分自身を持っていること、自分のスタイルを持っていること、自信があること」を表す。服装もこうした要素に含まれる他、都会のヒップホップ的服装(大体は派手な色使いの服)をイメージさせる。
swagの意味 - 英語スラングより引用

SixTONES「自分自身を持っていること、自分のスタイルを持っていること、自信があること」なんてとっくのとうに分かってた人の方が多いはずなのに改めて歌詞になっていることにまずぞくぞくするし、それを慎太郎さんが自信に満ち溢れた表情でステージのセンターに立ち歌う。説得力の暴力です、こんなん。かっこいいしか言えないし、そんな彼が私なんかと同い年とか信じられないです。

更に間髪入れず髙地優吾さんのソロパート。先週までのきらっきら笑顔はどこへやら、キリっとした表情と最年長だと再確認せざるを得ない視線。ここで私涙目になってました。「無理、しんどい、髙地くんかっこいい、無理なんだけど」とか一人の部屋で。髙地くんが歌う「歌声にして 響け音色」ほんっとなんかしんどい。好きが溢れます。

で!ジェシーくんと京本くんの美しいハモりで「抱きしめて離さないぜ 覚悟しろよ」って伸びやかに歌われる。抱きしめて離さないとか最上級の贅沢なのに、覚悟しろよとまで言われるのすごい。思考が溶ける(?)
もうここら辺SixTONESの言いなりみたいな状態なのでジェシーくんの「Clap your hands!」に素直に従ってました。TVの前で手叩いてました。

その後曲終わってもなんか動けなかったです。ただただ全身がビリビリしてる感じで、冷静になれませんでした。突撃楽屋訪問に関しては阿部顕嵐くんの顔がとても綺麗なことと安井謙太郎くんがめっちゃ可愛いことしかはっきり覚えてないので後でちゃんと見ます。

最後に何か締めっぽいこととか書こうと思ったんですけどこんだけだらだら書いといて全体として

SixTONESはいいぞ!!!!!!

としか言えないことに気づいたのでこれ以上ぐだぐだ語るのはやめます。
しかし、今回のAmazing!!!!!!で確実にSixTONESに対して私が抱いていた何かが変わったし、どうしても彼らにデビューしてもらって、彼らだけで大きな会場を広々使ってコンサートして欲しいな、という想いが強まりました。その為にもJr情報局?とやらにPay-easyすべきかなと悩み中です笑まあ恐らくしそうですが…

ここまでお付き合いいただいた方いるか分かりませんが、もしいたら、ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

SixTONESは本当に最強で最高でAmazing!!!!!!なグループだと改めて実感させられました!大好きです!!いつかデビューシングルにお金を払える日を心待ちにしています!!!!!!

*1:NHKBSプレミアムで毎週金曜18時より放送のザ少年倶楽部のこと

Sexy Zoneに出会って1年経った話

はじめまして。えると申します。はてなブログを始めること自体は初めてではありませんが、前のブログの更新が滞っていたのと、パスワードを忘れてしまったのでいっそ心機一転、ということで新たに始めることにしました。

簡単に自己紹介させていただきますと、女子大生でジャニヲタです。Sexy Zoneが好きです。それだけです。


そんでもって本題なんですが、今日12月13日で私がSexy Zoneに『出会って』1年が経ちました。最初は、飽き性なところがある私の一過性のブームなのかな~なんて思っていたら、あっという間に1年経ち、遂に先日ファンクラブに入会しました。会報めっっっっっちゃ良かったです。
ということで(?)心機一転しての初めてのブログはSexy Zoneに出会って1年の備忘録的な感じで彼らとの出会いとかをだらだら書かせていただこうかな、と思います。

出会い

上で『出会って』とか『出会い』とか書きましたが、別に本当に初見だったとかではなく、彼らのパフォーマンスをちゃんと見たのが1年前だったってことなんですが、それまでSexy Zoneのことはただ単に『知っている』グループとしての認識しかなく、初めてちゃんと目にした彼らがとても魅力的で、まるで『出会い』のような感動があったのでこう表現させていただきます。

で、その『出会い』というのは去年の12月13日、NHKMUSIC JAPANでした。私、この日のMJ*1見た自分のこと褒めたいです。最初から「Sexy Zoneが出るから見よう」という気持ちは無く、「暇だし見てみようかな」ぐらいの気持ちだったのですが私のこの選択大正解!!!!トップバッターで出てきたSexy Zoneに全部持って行かれました!!!!その日披露していたのはカラフル Eyesでしたが、これがもう私の好きな曲調ドンピシャな上、それを歌うメンバーのお顔が綺麗!!そして曲終わりのトーク面白い!!!番組が終わる頃にはAmazonでカラフル Eyesの予約が完了していました。

でも、実は私、それまでSexy Zoneのこと知ってはいたけれど半ば意識的に避けてたんです。なんでかってメンバー三人になったりするし、Jrにあまり詳しくなかった私がなんとか知っていたのは健人くんと風磨くんだけだったのに風磨くんは髪なんか伸ばしてチャラついている。みたいな認識だったので…。今思うとあまりに失礼な認識なんですが、ここは自分でも後悔しているポイントなので許してください…。なので、周りには「私ジャニーズに関してDDだけどセクゾだけはハマらないから。ホントに」なんて言っていました。が、たった一回の音楽番組でこうです。

そして、この日Sexy Zone全体に対して印象が変わったんですが、特に、風磨くんに対する印象がガラッと変わりました。だって髪伸ばしてチャラついてるみたいなイメージだったのに、
髪切ってるじゃん!!!そんでなんか可愛いんだけど!?!?
…とまずビジュアルで驚き、その後歌の上手さで驚き、トークでも驚き、風磨くんに驚かされっぱなしで、風磨くんの他にも、やけに高クオリティのディラン・マッケイのモノマネをする健人くんとか、ナチュラルに話を盛るマリウスくん、それに茶々入れる勝利くん、タートルネックを着ている女性に対して「やっぱトータル女子だよねー」と言う聡くん…など、私が彼らにそれまで持っていたイメージがどんどん覆されていきました。
それまで散々「セクゾにはハマらない」とか言っといてたった40分やそこらでここまで彼らの虜にさせられそうになっているのは正直恥ずかしかったのですが、私にはプライドというものがないので、あっさり番組が終わった後「Sexy Zoneいいじゃん!!!CD予約した!!!」とツイートしました。ホントにチョロいオタクです。私は。
こんな感じで1年前、私はSexy Zoneに『出会い』ました。ありがとうMJ……私とSexy Zoneを出会わせてくれて……

Sexy Zone Channelと年末の音楽番組

それから転がり落ちるように私はSexy Zoneにハマっていったのですが、原因は100%セクチャンと年末の音楽番組でバラエティでめちゃくちゃ面白い彼らと音楽番組でのキラキラアイドルの彼らを短期間に多量摂取(?)しすぎたせいです。特にセクチャン…あれずるくないですか…年相応にはしゃぐ年長組、君は天使か???天使だったんだな???と思わざるを得ないマリウスくん、天才的すぎる天然ボケをかましてくる聡くん。そんな4人に次々と職人のようにつっこみを入れていく勝利くん。そんで企画も焼き鳥食べてるだけ、とか足つぼに行くだけ、とかなのにすっごい面白い。理解より先に「この子らやばい」という感想が脳内を占拠するんですが、じっくり見ると5人の魅力がこれでもかと詰まってる。そんな番組だなって思います。セクチャンがセクガル量産機って呼ばれる理由も分かります。
年末の音楽番組に関してはただ単純に私の好きなカラフルEyesがいっぱい聴けたという理由に他ならないです笑。好きな曲をキラキラしたアイドルが歌って踊ってるのが本当に楽しくて仕方なかったですし、FNSではV6さんとコラボするセクゾがめちゃくちゃに可愛くてもう…!!少クラクリスマスSPのふまけん*2愛のかたまりは今でも定期的に聴きたくなります…。めっちゃ好きです…。
こんな感じにセクチャンと音楽番組のおかげで、Sexy Zoneにすごい勢いでハマりました…笑

2016

自担が自担のお父さんが作った曲を憧れの先輩と満面の笑みで歌うという夢のような光景で幕を開けた今年は本当にずーっと夢を見ているような気持ちでした。コンサートやイベントは受験と大学のオリエンテーションに丸被りして一切参加できませんでしたが、そんなこと気にならないくらいオタクしていて楽しかったです!!映画やってくれるし、ドラマにも出てくれるし、CDはアルバムとシングル合わせて4枚出してくれるし、DVDだって出してくれたし、テレビでいっぱい見られたしもうSexy サンキュー!って感じです!!中でも見てて一番嬉しかったのは嵐さんとの共演でした。私のジャニオタ人生の始まりは嵐なので、そんな5人と今一番大好きな5人がテレビ画面に一気に映っているというそのシチュエーションだけでも嬉しかったのに尚且つお互いが楽しそうにおしゃべりやゲームをしてるなんて最高以外の言葉ないです。最高。
そのほかにも8.25事件*3からのふまけんラッシュとからじらーやシブ5時決まったりとか今年も紅白出場できたりだとか毎日どんどん前に進んでいく彼らを追いかけるのは毎日本当に楽しいです。2017年ももう続々お仕事決まり始めてるので、応援するのが楽しみです!!でも欲を言えば5人の冠番組がまた見たいなぁ♡ねっお偉いさん♡*4

終わりに

本当はメンバー1人1人にも触れようかな~と思ったんですが、そうすると終わらなくなるのでやめました笑
またいつか機会を見つけてSexy Zoneについてじっくり書きたいなあとは思ってます。

ハマって1年、改めて考えてみて、彼らは私が想像するよりずっと輝いていて、その分傷つくこともあって、でも傷ついた分だけまた輝いて、を繰り返してきたグループだなあと思いました。平均年齢19歳、私と全くの同世代の男の子たちがそういう風にして五年間歩んできたんだと考えると尊くて切なくて眩しくて。Sexy Zoneを避けていた頃の私を助走つけてぶん殴りたくなるけど、どうせ一年前の今日になればSexy Zoneの虜になることは明白なので見逃しておいてやります。最近になって、「ちゃんと五年前から好きでありたかったな~」と思うことも増えたのですが、それはこれからの五年、十年先まで彼らを愛していくことで、私がファンじゃなかった頃の分の愛に変えられたら、とも思ってます。それくらいSexy Zoneが好きです。カラフルEyes出のセクガルの私はまだまだ新規ファンではあるけれど、2017年も、その先もずーっと彼らを応援したいです。いや、します。

本当にSexy Zoneのファンになって良かった!!毎日ときめきときらめきをありがとう!!大好きだよ!!Sexy サンキュー!!

2016.12.13

*1:MUSIC JAPANの略

*2:今年もふまけんで歌ってくれるみたいですね!!楽しみ!

*3:健人くんのソロコンに風磨くんが赴いた日が8月25日だったので8.25事件。出典は中島健人さんです。

*4:「ねっ○○太郎♡」と同じ言い方で